車買取で彼が本を出している

大学時代の友人が数学の先生をしているのですが、車買取で彼が本を出しているのを先日発見しました。早速アマゾンで買って読んでみました。

タイトルは「数学まちがい大全集」、外国の数学書で、それを翻訳したのが友人です。
上のページの書籍紹介から引用します。
「小学校で学ぶ計算のまちがいから,大数学者たちのハズレ予想まで,古今東西,人類はありとあらゆる数学上の誤りを犯してきた.本書は,さまざまなレベル・タイプの重要なまちがいを,算数,代数,幾何,確率・統計の分野別に紹介し,それが起きた原因を解説する.まちがいは単なる失敗ではなく,人類を進歩させてくれる宝物である.さあ,おもしろくてためになるミス・誤解・誤答の世界をのぞいてみよう.」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ